閉じる
閉じる
閉じる
  1. 年収500万円×ワンルームマンション投資
  2. 老後破産してしまう人にある共通点とはなにか?
  3. 【不動産投資】営業電話の断り方!マンション投資勧誘対策
  4. 不動産投資はアフターフォローNo.1宣言の和不動産で!
  5. 年末年始休業のお知らせ【12/29(金)~1/4(木)】
  6. 不動産投資は節税にならない?損益通算ができる強みとは
  7. 不動産投資も賃貸管理も和不動産なら一括サポート
  8. 成功オーナーのマンション投資の流れを知りたいなら和不動産へ!
  9. 精神的に弱い人の特徴とメンタルを強くする方法とは?
  10. 【不動産投資会社の選び方】和不動産の魅力をお伝えします!
閉じる

和不動産の営業ブログ|転職希望の方、私たちと一緒に働きませんか?

Givers GainとGive&Takeの違い

仕事・プライベート…生活していく上で、Give&takeという言葉は良く聞くのではないでしょうか。

いわゆる「助け合い」というニュアンスでご理解されている方が多いのではないでしょうか。

では、Givers Gainという言葉はどうでしょう?

あまり耳馴染みはない方が多いのではないでしょうか?

今回はGivers GainとGive&Takeの違いと意味について、詳しくご説明させてください。

Givers Gain

Givers Gainは難しい意味はなく、それぞれの単語を分解するだけでぐっと理解が深まります

Giversは「与える者たち」Gainは「得る」という意味があります。

直訳すると「与える者たちは得る」となりますが、「与える者は与えられる」と意訳する方が頭にスッと入ってくるのではないでしょうか。

弊社ではこのGivers Gainをとても大切にしております。
まずは違いの前に、双方の意味から簡単に説明させていただければと思います。

まず、Givers Gainとは、「与えるものは与えられる」

Give&Takeの意味は、「公平にやりとりする」

これだけでは前者が哲学的な意味ですので、イメージが湧きにくいかと思われます。
どちらに関しても共通していることは、Giveの部分。やりとりをし、与えるということです。

では一体何が違うのかといいますと、Giveの後に違いがあります。

Give&Takeは、与えると同時に見返りを求めている。
これを与えるので、そちらもそれを下さい。という等価交換な考え方です。

対してGivers Gainは、与えますがすぐに見返りは求めません。
与えた後に、巡りめぐって与えられる機会がやってくる。
そして結果的に互いが利益を受けることが出来るという考え方です。

例えば自分を主体として考えてみます。
たとえば、あなたは不動産賃貸仲介会社です。
顧客のAさんが近々結婚をすることを知り、そこにビジネスがあることを感じ、
懇意にしているフラワーコーディネイターのBさんと、カメラマンのCさんに、依頼を出します。
結婚式の打ち合わせミーティングで、Bさんから最近上京予定の息子、Cさんからは婚約中の方と住む家を紹介してほしいと仕事を依頼されます。

そのイメージをしてみてください。
仕事を与えたあなたが、与えられた、のです。

これがまさにGivers Gain、つまり「与えるものは与えられる」ということです。

目先の利益ではなく、先にこちらから与えてその先に利益が返ってくるという考えです。
素敵な考え方ですよね。

Givers GainとGive&takeの明確な違いはやりとりをし、与えた後の考え方に違いがあります。
同じGiveという言葉が入ったものでも、こんなにも意味が変わってきます。
以上がGivers GainとGive&Takeの違い・関係についてでした。

また、3つ分けられることもございます。
それが「ギバー」「テイカー」「マッチャー」です。
人間の思考や行動を3つのタイプに分類した言葉のことです。組織心理学者のアダム・グラント氏が提唱しました。

ギバーとは、相手に惜しみなく与える人のこと
ギバー(Giver)とは、見返りを期待せずに、自分の時間や知識、アイデアなどを相手に惜しみなく与える人のことです。相手が何を求めているのか考え、手を差し伸べることができます。「For You」の傾向が強い人はギバーだと言えます。

ギバーは、さらに以下の2つのタイプに分けられます。

自己犠牲型ギバー
自分の利益はあまり気にかけず、他者の利益に関心を示します。その結果、相手に与えることが多くなり、自分の利益を損ねてしまうタイプです。
他者志向型ギバー
自分と相手、両者の利益に関心を示します。自分が受け取るよりも相手に多く与えようとしますが、自分にも還元されるように他者との関わり方を変えることで、自分の利益を損なわないタイプです。

テイカーとは、自分の利益を優先させ受け取る人のこと
テイカー(Taker)は、常に自分の利益を優先させ、多くを受け取ろうとする人のことです。相手が何を望んでいるのかを考えるよりも、自分の利益を優先的に考えます。そのため、他人よりも上にいたいという気持ちが強くマウントを取ろうとします。

「For Me」の傾向が強い人がテイカーだと言えます。

 

マッチャーとは、損得のバランスを考える人のこと
マッチャー(Matcher)とは、ギバーとテイカーの中間の性質を持ち、損得のバランスを考える人のことです。マッチャーは、常に公平でなければならないという観念に基づいて行動するため、何かをしてもらったら恩を返したり、反対に何かをすれば見返りを求めたりします。自分の行動によって損益がでないように、自己防衛する点が特徴です。

因みに、社会で最も成功しやすいタイプは「他者志向型ギバー」です
すなわち、Givers Gainの人です。
 

以上です。最後まで御覧いただきありがとうございました。

「参加者からの評判・口コミをもっと見たい!」「和不動産のセミナーに参加してみたい」とお思いでしたら、和不動産公式サイト【不動産投資・マンション投資セミナー】ページをご確認くださいませ!

▼マンション投資セミナー開催日はこちらでチェック▼

和不動産では毎月様々なマンション投資セミナーを開催しております。
お客様の知りたいポイントをご共有できるように、日本における市場の動向を日々チェックして最新の情報をお届けしています!
不動産投資の勉強をご自分で一からされるとなると、時間も手間もかかります。
日頃お忙しくされている皆様にぜひ弊社のセミナーを勉強の場としてご利用いただきたく存じます!
セミナーごとに運用編、購入編など分類別で分けて開催しております。特にエリアセミナーは弊社代表のあらゆるデータを屈指、研究を重ねたセミナーです。

セミナーバナー

▼個別相談は、対面とWEBの両方からお選び頂けます!▼

無料個別相談会では、お客様一人ひとりのヒアリングをさせていただき、不動産投資をはじめられる目的や目標などもお伺いした上でコンサルティングをさせていただきます。普段仕事で不動産投資に触れる機会が少ないので定期面談を実施意図的に不動産投資に触れていただきます。
不動産投資がまだどのようなものか分からない方も、1対1でご説明をさせて頂けますのでその場でのご質問が可能です。
不動産投資は本来、将来の人生設計のために検討される方が多くございます。
既に不動産投資をされている方でお悩みを抱えている方も多くいらっしゃると思います。
不動産投資でお困りごとがある方もぜひ個別相談をご利用くださいませ!

個別相談バナー

▼公式LINEアカウントでは非公開物件の概要も配信!▼和不動産公式LINE

関連記事

  1. 仕事への取り組み方

  2. 話し方と聞き方のポイント

  3. 仕事の基本 意識する8つのこと

  4. 情報収集とメディアの活用

  5. 人任せな人の特徴

    人任せな人の特徴

  6. 会社を取り巻く環境と経済の基本

和不動産 営業部

 

私たちは、東京・神田にある
アフターフォローが評判の不動産投資会社
【 株式会社 和不動産 】です!

 

本ブログでは、日々の営業活動を通して学んだことや
感じたことを書き記していきます。

 

世の中の多くの営業マン・ビジネスマンの
お役に立てるようなサイトを目指していきますので、
どうぞお付き合いくださいませ。

 

そして、本ブログを通じて皆様に少しでも
和不動産の事を知っていただき、
身近に感じていただけたら幸いです!

 

 

一緒に働いてくれる仲間を募集しています

 

engage

 

 

和不動産にご興味を持って下さった方は
人事ブログもご覧ください

 

 

 

評判・口コミ多数!

不動産投資セミナー開催中

 

不動産投資コンサルシステムN-RICOSサイト

 

 

和不動産 公式HP

 

和不動産公式サイトはコチラ

ピックアップ記事

  1. ▼和不動産の不動産投資セミナーはこちらから▼和不動産の不動産投資セミナーはこちら!┃株式会社…
  2. ▼和不動産の築浅ワンルームマンション投資セミナーはこちらから▼不動産投資セミナーを探す│株式会社和不…
  3. 仕事ができない人の特徴
    ▼和不動産の築浅ワンルームマンション投資セミナーはこちらから▼不動産投資セミナーを探す│株式会社和不…
  4. ▼収益UPノウハウ解説中!▼>>和不動産のマンション投資セミナーに参加する(無料)和不動…
  5. 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。誠に勝手ながら、弊社は 2023年12月29…
ページ上部へ戻る