閉じる
閉じる
閉じる
  1. 年収500万円×ワンルームマンション投資
  2. 老後破産してしまう人にある共通点とはなにか?
  3. 【不動産投資】営業電話の断り方!マンション投資勧誘対策
  4. 不動産投資はアフターフォローNo.1宣言の和不動産で!
  5. 年末年始休業のお知らせ【12/29(金)~1/4(木)】
  6. 不動産投資は節税にならない?損益通算ができる強みとは
  7. 不動産投資も賃貸管理も和不動産なら一括サポート
  8. 成功オーナーのマンション投資の流れを知りたいなら和不動産へ!
  9. 精神的に弱い人の特徴とメンタルを強くする方法とは?
  10. 【不動産投資会社の選び方】和不動産の魅力をお伝えします!
閉じる

和不動産の営業ブログ|転職希望の方、私たちと一緒に働きませんか?

自社の優位性を考え競合他社に負けない方法とは

自社の優位を伝える方法

▼求人情報はこちら▼求人バナー

営業マンなら顧客に自社の製品やサビースを提案してる際に一度は、「○○さん(競合他社)とはどう違うの?」と言われたことがありませんか。
これは顧客としては当然するべき質問です。
そして、できる営業マンとっては喜ぶべき言葉でもあります。
なぜなら、自社製品・サービスの優位性を伝える機会を相手から用意してくれたわけですから。
ですが、できない営業マンはオロオロしてせっかくのチャンスをピンチに変えてしまいます。

そこで、提案時に他社と比較された時に自社の優位性を伝える方法を解説します。

自社の優位を伝える方法

数字や統計データを使う

一番わかり易いのは数字でしょう。
数字というのは比較をする際に絶対的な力を持ちます。
例えば、自社製品・サービスの売上、利益率や価格。
または、製品の品質や顧客満足度などの具体的な数字を挙げることで客観的なデータが入り説得力が増します。

その上で統計データと合わせるといいでしょう。
数字が一過性なものではなく、継続して表せられるならより効果的です。
例えば10年以上で業界のシェアNo1といえば、信頼感を与えることができます。
こうした数字や統計データという客観的なデータに基づいた自社の優位性を示しましょう。

独自の強みをアピールする

もしも自社が独自の強みをアピールできるならその点を押し出すのもありでしょう。
例えば自社でしかやっていないサービスや技術を持っているのならば、他の部分で競合相手に負けていても契約を締結できるチャンスがあります。
また、専門性があれば、その点をアピールすることもできます。
弊社のことを例に出せば、都心築浅中古ワンルームマンションを販売する不動産業社の中では珍しい、【アフターフォロー】に注力しており、オーナー様とは3ヶ月に一度の定期面談を行っているという独自性を持っています。そのうえ、不動産の最新情報や、マンション経営の基本や運用の手順を詰め込んだ不動産投資セミナーを開催しております。
専門性が高い会社は従業員の知識や経験が特化しているため、会社の規模に関わらず競合を打ち負かすことが可能です。

技術や専門性など他社との差別化を図ることができれば、十分なアピールポイントになるでしょう。

顧客の声を引用する

すでに利用している顧客の声を引用するのも大事です。
利用している顧客とは、提案者にとっては未来の自分たちに当たるわけです。
その未来の自分たちがポジティブな意見を発していれば心揺さぶられること間違いありません。

また、顧客の声とは違いますが、導入企業や取引先を記載するのも手です。
「○○という大手も利用している」「△△という競合他社も利用している」という点を着目し、前向きな姿勢に変えることができます。

くわえて、顧客の声をアピールすることで、顧客の意見に耳を傾ける企業だというのを間接的にアピールします。
他社からのフィードバックにより製品がさらに向上することが期待できると促して自社製品・サービスの購入や導入につなげましょう。

いかがでしたでしょう。
このように自社の強みを客観的に把握した上で差別点を抑えて、既存顧客の意見や評価を出すことで、他社との比較がアピールタイムに変化するわけです。
また、比較するわけですから他社の研究は怠らないようにしましょう。

今回は、【自社の優位性の伝え方とその効果】について解説しましたがいかがでしたでしょうか。提案する商品によっては、市場規模が大きく競合となる組織が多い場合があるでしょう。そのような環境でもしっかり結果を遺すためには、自社の優位性を分析し複数の要素でお客様にメリットを提供することなのか、ある特定の要素に長けているかなどの自社の優位性理解することで悩める営業マンの課題は解決するでしょう。

◆不動産投資セミナー開催中!

和不動産では、不動産投資に関するセミナーを開催しております。

セミナーでは、資産運用先として不動産投資を選ぶメリットや注意点についてさらに一歩踏み込んだ内容で解説しています。

資産運用先として不動産投資をご検討されているようでしたら、ぜひ一度セミナーへご参加してみてください。

セミナーに参加することで、資産運用に関する新たな気づきを得られる方も多いです。

「オンラインセミナー」も多数開催しておりますので、全国どこからでもちょっとしたスキマ時間にご参加いただけます!

▼和不動産の不動産投資セミナー▼
不動産セミナーのお申し込みはこちらから

◆この機会に、不動産投資を検討しませんか?

和不動産では、無料個別相談を行っています。

資産運用に興味はあるけれどなかなか一歩を踏み出せない方、一度弊社にご相談してみませんか?

株式会社和不動産では、お客様個人の状況に合わせて最適な資産運用プランをご紹介させていただきます。

資産運用に関するご相談だけではなく
「新築物件を購入したが、運用5年目で賃料が下がってしまいなんとかしたい」
「所有している土地の有効活用方法を教えてほしい」
「和不動産でマンション投資をしているオーナーの成功事例を知りたい」
等々、不動産投資にまつわるご質問・お悩み・ご要望にお答えいたします。

初心者の方に安心していただけるよう初回の面談では物件の提案はしておらず、双方納得の上でのみお取引をさせているので、どんな些細なお悩みも遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

▼無料個別相談(オンラインも可)のお申込みはこちら▼
先輩オーナーと比較する、個別無料相談

◆和不動産公式LINEアカウントで限定情報をゲット!

和不動産LINE公式アカウントでは、お友だち限定で、ここでしか見られない物件情報や資産運用方法として役立つお得な情報をお届けしています!
ぜひご登録ください!

▼LINEの友だち登録をする▼
投資の基礎知識やお役立ちコラムを発信

関連記事

  1. 営業の基礎知識

  2. 自分の仕事の社会的意義を伝える重要性

    自分の仕事の社会的意義を伝える重要性

  3. 仕事をゲーム化する

    仕事をゲーム化する

  4. ランチェスターの法則を活用しオンリー1を目指すメリット

  5. お客様や人が集まる会社になるために必要なこと

  6. リピーターの獲得方法

和不動産 営業部

 

私たちは、東京・神田にある
アフターフォローが評判の不動産投資会社
【 株式会社 和不動産 】です!

 

本ブログでは、日々の営業活動を通して学んだことや
感じたことを書き記していきます。

 

世の中の多くの営業マン・ビジネスマンの
お役に立てるようなサイトを目指していきますので、
どうぞお付き合いくださいませ。

 

そして、本ブログを通じて皆様に少しでも
和不動産の事を知っていただき、
身近に感じていただけたら幸いです!

 

 

一緒に働いてくれる仲間を募集しています

 

engage

 

 

和不動産にご興味を持って下さった方は
人事ブログもご覧ください

 

 

 

評判・口コミ多数!

不動産投資セミナー開催中

 

不動産投資コンサルシステムN-RICOSサイト

 

 

和不動産 公式HP

 

和不動産公式サイトはコチラ

ピックアップ記事

  1. ▼和不動産の不動産投資セミナーはこちらから▼和不動産の不動産投資セミナーはこちら!┃株式会社…
  2. ▼和不動産の築浅ワンルームマンション投資セミナーはこちらから▼不動産投資セミナーを探す│株式会社和不…
  3. 仕事ができない人の特徴
    ▼和不動産の築浅ワンルームマンション投資セミナーはこちらから▼不動産投資セミナーを探す│株式会社和不…
  4. ▼収益UPノウハウ解説中!▼>>和不動産のマンション投資セミナーに参加する(無料)和不動…
  5. 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。誠に勝手ながら、弊社は 2023年12月29…
ページ上部へ戻る